月の土地をどうやって使いますか?



月は誰の持ち物なんでしょうか?

常識的には月は地球人の誰の持ち物でもないはずですよね。

突然なぜ、月は誰のもの?なんて話をしだしたのは、以下の広告を見つけたからです。
↓↓↓


どうやらこの広告主、1967年に発効された宇宙条約において月は国家が所有することは認められないが個人が所有することは禁止されていないことを根拠に、この商売を始めたようです。

月の土地を売り出すということは、月はひとまず広告主の所有ということになります。事実、この広告主であるアメリカ人のデニス・ホープ氏は月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦に提出したそうです。そして、宣言書に対しての異議申し立て等は無かったとのこと。

言った者勝ちであってアイデアの勝利であるといえばそれまでですが、現在の科学技術ではつきの土地での生活が不可であることを見越した上での無責任な販売ともいえそうです。

もっとも、販売者も以上を踏まえてでしょう、1エーカー(約1200坪)の広さが2,700円という設定。これなら、月へのロマン購入費として納得できる価格かも…



なんだかんだと、月の土地を購入してもいいかなという気持ちがあるので、上手く戦略に乗ってしまってる自分がいます。

月の土地以外にも金星・火星が販売中です!

環境問題をまじめに考えると…



一見色物にしか見えない記事ですよね。マイ箸+ご飯とお味噌汁のカップのブラ!

ブラジャーの形状とお椀は確かに似ています。理想的なバストの形は、お椀型なんて言い方もありますし…

トリンプということで、きっと、バストからお椀に連想が飛んで、その後出てきたのがマイ箸というアイデアなのでしょう。勿論、初めに環境問題をテーマにして出てきた発想ではなく、遊び心から閃いて環境問題に繋がった、そんなパターンだと思います。

そんなわけで、やっぱり商品化とは別路線の非売品であって、色物には違いないと思います。

にも拘らず、面白いと思ったのは、そもそも環境問題は人間の欲求によって引き起こされたものだと気付いたときでした。

欲求というと心理学者のマズローを思い出しますが、彼曰く、食事は人間の根本的な生理的欲求に属し、まずはこれを満たさねば人間は生存の危機に立たされてしまいます。

そして、生理的欲求がある程度満たされると次の段階の欲求が出てくきます…これが行き過ぎて環境問題に行き着いたといっても過言ではないでしょう。

そして何より、ブラジャーはバストを覆うもの。そういえば私達の最初の食事はおっぱいによってもたらされるということを思い出したならば、トリンプの今回の品も、なかなか考えられたメッセージ性のあるものなんだなと思いました。

HMGA2



身長を決める遺伝子はあるだろうなとの予想は付きます。

そして、今回身長に関与するとわかったHMGA2ですが、平均1cmの違いとなれば、当然身長にはその他の遺伝子も関与すると考えねばなりません。

しかし、身長の高低は9割が両親からの遺伝要因で決まるというのは本当なんでしょうかね?カルシウムを摂取するため一生懸命牛乳を飲む成長期の少年少女の努力は、さほど効果がないということになってしまうのでしょうか?喫煙で身長の伸びが止まるというのも俗説?

遺伝子云々より、そっちの方が気になって仕方ありません。

記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000014-jij-int

 人間の身長を決める主要遺伝子を、約3万5000人の遺伝情報調査で初めて発見したと、米マサチューセッツ工科大とハーバード大のブロード研究所などの国際研究チームが3日、米科学誌ネイチャー・ジェネティクスの電子版に発表した。

 この遺伝子「HMGA2」は、構成するDNA塩基配列に個人差がある。父母から受け継ぐ2つの遺伝子の特定部分の塩基が両方とも「シトシン」の人は、両方とも「チミン」の人に比べ、平均で約1センチ身長が高いという。

 研究チームは、身長の高低は9割が両親からの遺伝要因で決まると指摘。HMGA2は胎児の背骨や手足の成長に関連するとみられ、主要な遺伝子ではあるが、他にも身長に関する遺伝子が多数あるとみている。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。