<メタボリック症候群>漢方薬大人気 イラストが効果的?



防風通聖散ですか。なるほど効きそうですね!このヒット商品は、そもそも肥満・便秘改善薬ということです。

メタボブームにあやかり、パッケージのイラストをメタボターゲットにしたところ大当たりだとか。

一度、名が売れると、今度は肥満ではなく便秘の方でも売れるようになると思うので、しばらくは稼げるのではないでしょうか。

ちなみに漢方は、市販の風邪薬等と違って処方が難しいので、お買い求めの際は是非専門家の話を聞いてくださいね。

記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070706-00000072-mai-bus_all

 便秘薬の成分を使いながら、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)に効果があることを前面に打ち出した漢方薬が売れている。パッケージに男性の膨れたおなかのイラストをあしらうなど工夫を凝らし、同症候群に悩む中高年を引きつけた。06年度の肥満・便秘改善薬市場(小売店の売り上げベース)は108億円と前年度に比べ4倍に急拡大、大ヒット商品になっている。

 小林製薬(大阪市)は昨年3月、便秘改善で知られる防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)を主成分にした漢方薬「ナイシトール85」を中高年の肥満改善薬として発売。パッケージのイラストが効果的だったとみられ、初年度出荷額は35億円で「10億円以上でヒットと言われる一般医薬品では初めての経験」(小林豊社長)というほどの売れ行きになった。

 ロート製薬(大阪市)は「溜(た)まった脂肪を落とす」と効能をパッケージに明記して昨年11月に発売した「和漢箋・ロート防風通聖散錠」が好調。クラシエ薬品(旧カネボウ薬品、東京都港区)も6月下旬から、同じ成分で以前から便秘薬として販売していた「新コッコアポS錠」のパッケージを男性がおなかをつまむ絵柄にリニューアル。メタボブームに乗り遅れまいと必死だ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。