スギ花粉の発生源、来月公表=首都圏向けなど特定へ−林野庁



スギ花粉の発生源調査ということで、長期的ではありますが、効果のある対策に繋がるのではないでしょうか。

国が主導で大掛かりに動くというのが好感持てます(花粉症に苦しんでいる議員さんが言い出したのだとは思いますが…)。

とはいえ、この手のアレルギーは、例えばスギ対策がなされたとすると次の種類のアレルギー源がが出てくるといったように、際限が無いと思いますので、アレルギー反応を起こさない体質作りが一番ですよね!

記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070705-00000124-jij-pol

 林野庁は5日、首都圏に飛来するスギ花粉の発生源と推定される地域を突き止めた上で、8月に公表すると発表した。山間部での発生量や気象観測のデータを基に割り出す。花粉がほとんど出ない新品種や、花粉症との因果関係が指摘されていないブナなど広葉樹への植え替えをその地域で集中的に進め、効果的な花粉症対策につなげるのが狙い。国レベルでは初の試みとなる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。