HMGA2



身長を決める遺伝子はあるだろうなとの予想は付きます。

そして、今回身長に関与するとわかったHMGA2ですが、平均1cmの違いとなれば、当然身長にはその他の遺伝子も関与すると考えねばなりません。

しかし、身長の高低は9割が両親からの遺伝要因で決まるというのは本当なんでしょうかね?カルシウムを摂取するため一生懸命牛乳を飲む成長期の少年少女の努力は、さほど効果がないということになってしまうのでしょうか?喫煙で身長の伸びが止まるというのも俗説?

遺伝子云々より、そっちの方が気になって仕方ありません。

記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000014-jij-int

 人間の身長を決める主要遺伝子を、約3万5000人の遺伝情報調査で初めて発見したと、米マサチューセッツ工科大とハーバード大のブロード研究所などの国際研究チームが3日、米科学誌ネイチャー・ジェネティクスの電子版に発表した。

 この遺伝子「HMGA2」は、構成するDNA塩基配列に個人差がある。父母から受け継ぐ2つの遺伝子の特定部分の塩基が両方とも「シトシン」の人は、両方とも「チミン」の人に比べ、平均で約1センチ身長が高いという。

 研究チームは、身長の高低は9割が両親からの遺伝要因で決まると指摘。HMGA2は胎児の背骨や手足の成長に関連するとみられ、主要な遺伝子ではあるが、他にも身長に関する遺伝子が多数あるとみている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。