月の土地をどうやって使いますか?



月は誰の持ち物なんでしょうか?

常識的には月は地球人の誰の持ち物でもないはずですよね。

突然なぜ、月は誰のもの?なんて話をしだしたのは、以下の広告を見つけたからです。
↓↓↓


どうやらこの広告主、1967年に発効された宇宙条約において月は国家が所有することは認められないが個人が所有することは禁止されていないことを根拠に、この商売を始めたようです。

月の土地を売り出すということは、月はひとまず広告主の所有ということになります。事実、この広告主であるアメリカ人のデニス・ホープ氏は月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦に提出したそうです。そして、宣言書に対しての異議申し立て等は無かったとのこと。

言った者勝ちであってアイデアの勝利であるといえばそれまでですが、現在の科学技術ではつきの土地での生活が不可であることを見越した上での無責任な販売ともいえそうです。

もっとも、販売者も以上を踏まえてでしょう、1エーカー(約1200坪)の広さが2,700円という設定。これなら、月へのロマン購入費として納得できる価格かも…



なんだかんだと、月の土地を購入してもいいかなという気持ちがあるので、上手く戦略に乗ってしまってる自分がいます。

月の土地以外にも金星・火星が販売中です!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。